チャイコフスキー/クラシック音楽

ウキペディア参照

概略
チャイコフスキーはその親しみやすい作風から、クラシック入門の企画などで採り上げられることが大変多い作曲家である。叙情的で流麗・メランコリックな旋律や、絢爛豪華なオーケストレーションが人気の要因となっている。またリズムの天才と言われ、一つのフレーズを発展の連結にしたり、半音階上昇させたり、または下降させたりと他の作曲家には見られないものがある。曲想はメルヘンチックであり、ロマン濃厚といわれる表情が見えたりする。

作品は多岐にわたるが、とりわけ後期の交響曲・バレエ音楽・協奏曲などが愛好されている。

チャイコフスキーの繊細な心はあらゆる弱いものに向けられた。孤児や可哀想な動植物、同性愛などへも、彼らに理解を寄せて共に時間を過ごす事もあった。 しかし、その弱いものへの深い愛情と共感について日記や手紙において熱烈な表現を使ったために、様々な憶測を呼んだ。その手紙により、彼が晩年に男性への愛情を注いだに違いないと推測された人物は、実際のところ聾唖(ろうあ)の障害がある少年であった。

クラシック音楽(クラシックおんがく)とは直訳では古典的(classical)音楽であるが、一般には西洋の芸術音楽を指して言う。「クラシック音楽」の対語としてしばしば「ポピュラー音楽」が使われる。

アラブやインド、中国など非西洋の古典音楽や純民衆的な伝統音楽は、民族音楽とされる。

西洋伝統音楽における狭義のクラシック音楽は、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンに代表される古典派の音楽のことである。

拓夢書房・ロゴマーク
フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック
フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック

 フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック
 フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック
 フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック
フィルハーモニー/オーケストラ/クラッシック